エセ建築士が人生を設計するよ

投資はパッシブ運用、飲み会はアクティブ出動、人生はまったり進行中

気付いてなかった

飲み屋で上司に言われて気づきました。

 

『みんな自分だけは若いままだと勘違いするんだよ、間違いだよ。』

 

ハッとしましたね。

私、今年35歳、オジサンになってる!

 

そう言えば、二十代後半位から、周囲の若い女性のファッションやメイクを見慣れないなと思うことが増えています。ハイウエストでケミカルウォッシュのデニムは、私の思春期には、オタクファッションの代名詞でしたが、昨年頃には見かけた気がします。皆さん可愛かったです。

 

思春期に、世のおじさん達は何で若い頃した服装を続けるのだろう。服買いに行けば、同じ値段で今の時代の服が売っているのに。と、思っていましたが、35歳の今、思春期の頃から髪型も服装もあまり変わっていません。

 

音楽の流行もさっぱり分からず、10年前に好きだったアルバムを未だに聞いてます。ダフトパンク新しいアルバム『ランダム アクセス メモリー』も、調べてみると発売は2013年ではないですか

 

こいつは、危ないですね。
 

とっくに若者ではなくなっていたようです。また、若いつもりでいると時代に着いていく能力が欠落するんですね。 もちろん、今の時代の働き方、子育て等々にはそれなりについて行っているつもりですが、今の立ち位置でしかモノが見えていません、せめて視野は狭まっていないと信じたいですが。

 

無理やり投資の話に持っていく

 

LIFE SHIFTと言う書籍を読んでから、100年の人生をどう生きる?と、よく自問するようになりました。

 

そのストーリーでの主人公の私は、株式投資はずっと続ける設定なのですが、はたして時代時代に投資手法をフィッティングさせ続けることなんて出来るのでしょうか?

 

パッシブ運用を続けたとしても、指数の上位銘柄やセクターは少しずつ入れ替わります。30年後の上位のセクターに私はついて行けるのでしょうか?

 

最近、株式投資の判断力のピークは40代と耳にしました。ヘタな成功体験をこさえたら、その体験にしがみつく50代以降の100歳までの人生が浮かび上がります。

 

世間の流行をフォローすることで、もう少し柔軟さを取り戻した方が良さそうです。そのためには、脳内に要らんこと考える揺らぎの部分を確保しましょうか

 

まずは、道行く女性のファッションからフォローしてみようかと思います。

 

おしまい。

参加を取りやめたよ

来週はインデックス投資ナイトですね。

 

基本くじ運が悪い私ですが、チケット発売日にコンビニでチケットをゲットしました。昨年は争奪戦敗戦でしたが、なんとかリベンジ。

 

でも、悩んだ結果行かないことにしました。貴重な休日は家族との時間を優先させたくなったのです。生活において、家庭に振り分ける比重が理想から盛大に下方乖離しているのです。どうしても投資は優先順位が下がってしまいます。

 

幸いチケットを快く引き取って頂ける方が見付かったので、一安心です。グズグズ悩みましたが、無事に譲渡できそうですっきりしています。

 

で、何でこんなことをわざわざ記事にしているかというと、

 

意外とこれは投資との良い距離感かも知れないなと、感じていることを書きたかったのです。

 

投資本やブログを読みあさることが減った反面、投資を始める前より読書で選ぶ書籍の幅は広がりました。

 

技術屋一辺倒であった仕事のやり方も、ビジネスとしての立ち位置や、世間の情勢の中での立ち位置に視野を広げられるようになってきました。

 

毎年あるであろうイベントなら、今年は家族との時間を優先しても良いやと、判断できるようになりました。

 

仮に暴落~暴落が10年1サイクルとして、死ぬまで何らかの形で市場に居座ろうとすると、ざっくり6サイクルです。

 

まだ35年弱しか生きていない阿呆が、60年1つのことを続けるなんて、距離感掴んでハードルは低めにしても良いんでないの?と常々感じています。

 

マーケットに熱烈なアプローチをすることも無く、見て見ぬふりをすることも無く。

 

市場と長期間向き合える体制作りが大切なんですね、きっと。

 

当日は、息子が寝た頃にツイッターのタイムラインを遡って楽しむことにします。

 

参加はしなくても、楽しみなイベントであることには変わりませんね。

 

おしまい。

 

P.S.

この記事が予約投稿される頃には、チケットは無事に譲渡できているはず。

 

今度こそ、おしまい。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

 

明日勤務先が潰れても生きていける?

お金を稼ぐと言うことを強烈に意識したのは10数年前、ブラジルのサルヴァドールと言う都市に滞在しているときでした。

 

ツーリストポリスと言う方々をご存知でしょうか。ざっくりとしたイメージで言うと、新興国であまり治安の良くなく、かつ観光資源が自国の重要な収入を担っている国。そう言った国で配備されている、観光客の安全保護に特化した警察です。

 

例えば脳天気なジャパニーズが陽気な現地人と昼日中に知り合って盛り上がるとするじゃないですか。もしその現地人が悪い奴だったら?問答無用でツーリストポリスに引き離されます。私から引き離されたブラジリアンはスリの常習犯とのことでした。

 

都市の観光収入大事観光客超大事!ってことですね。先進国より危険な国ですけど。

 

そんな国を見習って、例えば勤務先が潰れたら生きていける?そんなことを考えながら組織に属しています。

 

営業や経理、事務などの方面は全くできない私は、雇われなくても生きていける基盤が完成するまでは、出来れば組織に属する技術屋と言うスタンスで稼いでいきたい。

 

そう思うと、勤務先が潰れたときに、転職できてかつ収入減を最小限に抑えるために今欲しいもの、それは仕事の実績と、同業他社との人脈、これにつきます。

 

組織が崩壊したときに転職市場に供給される同僚より、プラスアルファの何かが欲しいですから。

 

勤め人になって10年を超え、最近これらの目処がついてきました。

 

仕事の実績として何をしてる?

 

本業は建物の設計ですが、新規の技術開発の現場なんかにホイホイ顔を出して、論文書いたりお偉い先生方にお墨付き貰うなんて仕事を引き受けてます。

 

転職が必要になったときには、ひと味違うレッテルを貼れそうな気もしてきました。

 

人脈作りとして何をしてる?

 

同業他社含めたメンバーで構成される業界団体の仕事を引き受けたり、雑誌に記事を記名で書いたりしています。

 

結果同業他社の方々とも顔と名前くらいは覚えて貰い始めています。知っている人である、と言う安心感、こいつを上手く利用したいです。

 

結果今はどうなってる?

 

こんな感じで働いてきた結果、望ましくない方向に事態は進んできました。

 

大嫌いな言葉ですが、ハイパー優秀な社畜になってしまってるんですよね。私の勤労人生設計、設計ミスしたかも知れません。瑕疵担保責任?責任取るのも私自身ではないですか。

 

ちなみに、優秀って仕事が出来るわけではないですよ、念のため。

 

組織の名前を使って外で働くことを許される程度の水準にはあると言う自負はありますが、所詮は上層部にとっては仕事を断らない便利な駒です。

 

勤め先に愛着ないが故の行動が、勤め先にとって都合の良い人材になると言う、『考えれば分かるだろうが!』と言うアホなパラドックスに陥ってしまいました

 

風呂敷を広げすぎたので、そろそろ取捨選択に走った方が良さそうです。設計にミスはつきものですので、いかにリカバリーするかですね。

 

皆様は、勤め先がなくなったときに生きていける術はお持ちでしょうか?職場の人には話せないことですので、是非お聞かせ頂きたいです。

 

おしまい。

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

賞与ボーナス臨時収入

賞与の時期ですね。

 

色々あって、賞与収入には全く手をつけず、来るべき出費に備えます。

 

 夏のボーナスの減少は5年ぶり? 平均額は91万7906円 (ZUU online) - Yahoo!ニュース

 

 そんな中、上記のような記事を見かけました。ボーナスの対前年比減が数年ぶりに観測されているようです。

 

一方、私の働く建設業界のボーナスは?と言うと多少ですが対前年比増となります。何てことは無い、建設投資は各業界好景気になってから動くので、建設業界の景気の波は世間一般より遅れてくるだけなのです。

 

例えば、世に言うバブル世代何て言うのも、私のいる業界の方々は世間一般よりほんの少し若いです。

 

ここから類推すると、来年か再来年の賞与収入は減るんでしょうね。すぐ持ち直すことをものすごく期待しています。

 

公共事業なんて本当に減ったようですから、民間の各業界の皆様、ガンガン稼いでお仕事下さい!

 

市場も賞与も今が天井!なんてのは勘弁して頂きたいですね。

 

おしまい。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

くっそ忙しい毎日ですが【投資ネタ】

忙しいアピールする人ってクソダサイですよね。なりたくないもんです。

 

最近、勤務先で急遽異動しまして、炎上しそうなプロジェクトの火消しに奔走している日々です。あー、忙しい

 

習慣で朝の通勤電車では新聞眺めていますが、さっぱり頭に入りません。こうして書いていたら、かろうじて『日経平均が年初来高値を更新した』とかってキーワードが頭の片隅からこぼれ落ちてきましたが、あれはいつのことでしょうか。

 

この状況は、長期投資の実践をトライしている今の私にはそこそこに好都合なのかも知れません。

 

投資先の右肩上がりの成長にベットする手法が先人達によって確立されているのですから、今は疑うことを忘れて乗っかるのみです。

 

投資方法は、私はたまたまインデックス投資を選んでますが、個別株だろうがアクティブ投信だろうが、長期投資を実践できるなら納得感がありゃなんでも良いのでしょう。

 

労働収入でキャッシュフローをプラスにした上で長期間市場に居座ることの重要性を頻繁に目にします。私にとって今はその土台作りの時ですね。

 

クソ忙しい中で市場を注視できないので、良い訓練期間なのだと思います。

 

そもそも我が家の貴重な労働力である資産様達は、ブラック企業並みに働かせてますからね。引退もない彼らには、私の100年人生に付き合って頂きますので、たまには監視の目を緩めることにします。

 

(どうせ、年に1度点呼を取るだけの 監視ですが。)

 

しかも、彼らは派遣労働者、世界分散投資=派遣先は世界中。派遣先が多少揺らいでもビクともしませんし、全部がいかれたら投資どころか生活基盤が揺らぎます。

 

勝手に働いてくれるなんて、なんて便利な労働者達でしょうか。

 

時間に余裕ある時は、彼らの働きぶりを眺めるのが、社会の動きをつかむ高感度なアンテナになってくれる便利さと面白さも兼ね備えていますからね 。

 

と言うわけで、しばらくはお仕事と家族にパラメータ振り分けます。あー忙しい。

 

おしまい。

 

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

ブログのタイトル変えます

 マイナーチェンジなんですけどね。

 

エセ建築士が投資で人生を設計するよ

 

これを、

 

エセ建築士が人生を設計するよ

 

に変えようと思います。

 

投資で』を外します。

  

実際にこれまでに書いた記事も、『投資』だけに焦点を当てた記事なんてほぼありません。

 

最近、『たかが投資』みたいなことをうそぶいてしまう中二病にもかかっていますしね。

 

達観するほどの知識も経験もないのでね、どうせ市場が暴落でもしたら狼狽して仕事が手につかなくとかなるんですよ。生身の人間ですからね。

 

脱線しましたが、ブログタイトルに『投資』を入れていると、『投資以外』のネタを投稿するのに何となく気後れしたりしていたんですよ。

 

心の中で中二の私が囁くのです、『投資ブログ』って言うよりは、『投資やってるサラリーマンの便所の落書き』じゃねーかよ、と。

 

なので、この記事を切っ掛けにブログタイトルをマイナーチェンジ、『投資』以外に関する記事も気持ち良く投稿できるように調整することにしました。

 

これで少しは更新頻度が上がるかも知れません。

 

ブログ村のバナーもそのうち『サラリーマン投資家』カテゴリに切り替える予定ですが、それは自宅でPC開く余裕ができた時まで先延ばしですね。

 

おしまい。

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

ドル建てで世界分散投資

急遽激務のチームに応援に行くことが決まりました。引き継ぎ作業を短期間で完了させなくてはならずバッタバタの毎日です。

 

とは言え、遅くとも21時には退社しているので自身の健康に弊害が出るレベルではないのですけどね。

 

ツイッターでアホなこと言う余裕はあってもブログを書く生命エネルギーは枯渇気味です。 

 

そんな中ですが、6/14日の米国FOMCを受けて、日本時間6/14夜から為替が少々動いているのを見ました。触発されて久々に書いてみようかと。

 

一晩明けるとドル円相場は109円台半ばです。1円程度円高方向に動いていますね。一時的には108円台まで動いたとのことです。

 

さて、私が実践している投資は米国籍の上場投資信託ETF)及び国内の投資信託を用いたインデックス投資、国際分散投資です。毎月給料日の翌月曜日に投資用にストックしているキャッシュでETFを手動で購入。毎月末に給与所得から企業型DCとNISA口座で国内の投資信託を自動で購入しています。

 

今回は米国籍のETFを利用した投資にまつわる為替のストレスについてです

 

私の米国籍ETFを使用した投資歴は浅く、昨年のGWからになります。この時の為替は107円程度でした。その後秋にかけて100円を割る割らないの攻防を繰り広げます。米国の大統領選挙後には119円程度まで円安に、そして今109円台まで戻ってきました。1年強で結構動いていますね。

 

107⇒100(-7)⇒119(+19)⇒109(-10)

ざっくり見ても大したものです。

 


f:id:hrosunson:20170615092744j:image

画像はヤフーファイナンスより

 

 

これ以前の為替の動きは、データで知っていますが体感していないので無責任な発言になります。まぁよくあることなのでしょうね。

 

これって結構ストレス?

 

米国籍ETFでの投資に挑戦しようと考えている方には、この為替の動きを目の当たりにする点は割とストレスフルなものに思えるのではないでしょうか?為替を上手く乗り切ってここでも儲けてやろうと言う雑念にとりつかれる方も多いかと思います。

 

私は後者でしたが、ある時からこんなもん必死に見てるのは面倒でやめました。記録を残してドル購入の平均単価は分かるようにしている程度です。

 

円建てで国内の投資信託を購入することと比べると、ドルを買いそのドルでETFを買うという行為は手間が増えますし、円安時にドルを買うのは損した気持ちになるかも知れません。(私はなった)

 

でも、国内の投資信託を買うにも、日本円で生活する際に受ける物価も、多かれ少なかれ為替の影響を含みますよね。消費者の物価にはリアルタイムでは反映されませんけど。

 

海外のETFで国際分散投資をするという行為の中での為替の影響は、単に円の相対的な価値を見える化しているだけとは思えないでしょうか。

 

投資の出口で円高になっていても、為替の影響を目の当たりにするだけで例えばMSCI KOKUSAIに連動する投資信託の基準価額にも同じことが起こっていますよ。

 

もちろん、投資をする上では大きな雑音ですし、人によっては武器にもなるでしょう。

 

投資期間中にドルや円が紙くずになっていたらどーすんの?とも思いますが、その時は社会の構成自体が大きく変化することでしょう。投資していてもしていなくても、大変なことには変わりませんね。

 

1つ言いたいことは、国内の投資信託を月の所得から積み立てている方の中で海外ETFに挑戦したい方にとっては、この点に関しては本質的な意味は変わらないよ、と言うことです。

 

(巨額の現金をお持ちの方には当てはまりませんね)

 

米国籍ETFでのインデックス投資、国際分散投資を行うことの魅力は、

  • 商品のバラエティに富んでいてある程度カスタマイズできる(楽しめる)
  • 流動性が高い
  • 低コスト
  • 機動的に売買できる(国内のETFも当てはまる)

辺りあると考えています。

 

挑戦に二の足を踏んでいる方、冒頭で述べた為替の動きを目の当たりにしても耐えられる程度の額で試してみては如何でしょうか。

 

少しやってみて、納得されたら本格的に導入しては如何でしょうか。こんな記事を書いている私自身、株式相場の暴落も為替の急変動も未経験なので、まだまだ模索中の身です。

 

皆さんそれぞれが、良い人生を設計できるよう…。

 

おしまい。

 

P.S.1

ここでは、インデックス投資で国際分散投資をしている前提で文章を書いたのですが、他の投資法について当てはまるかどうかは分かりません。他の投資法、真面目に勉強したことないので。

 

P.S.2

為替については、米国株ブログのたぱぞうさんの文章にも影響を受けています。

とても誠実な文章を書かれるブログでお薦めです。

米国株投資における為替リスクの考え方 - たぱぞうの米国株投資

 

今度こそ、おしまい。

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村