エセ建築士が人生を設計するよ

投資はパッシブ運用、飲み会はアクティブ出動、人生はまったり進行中

リスクについて

f:id:hrosunson:20170406012714j:image
皆さんも生命の危険を感じたこと、ありますよね。

 

一人旅で、ペルーはリマの空港に降り立った時のことです、誘拐未遂に会いました。タクシー乗り場に向かった時、陽気なラテンな兄ちゃんに車に連れ込まれそうになったのです。満面の笑み浮かべて誘拐しようとするから怖ろしいですね。身代金も命も取られちゃう、たまに報道されるあれです。

 

兄ちゃんにつかまれた瞬間に、駆けよる数人のタクシードライバー、兄ちゃんを引き剥がす警備員、状況を理解できない私ひいろ。助けてくれた方々に無防備すぎだと怒られたのは良い思い出です。(イキテテヨカッタヨ)反面、観光が重要な産業の国、そこがどれだけ観光客を大事にしているかを実感する出来事でもありました。

 

【リスクのお話】

今回お話ししたかったのはリスクのお話です。上記みたいな旅先でのリスクについて興味ある方は、各国の領事館のサイトなんかに詳しいです。

 

駐ブラジル日本国大使館

http://www.br.emb-japan.go.jp/nihongo/anzenrecife.html

(リンクの張り方よく分からないのねん)

 

リスクと言っても投資のリスクのお話ではありません。そこん所は良質な書籍にお任せします。今回は私が意識している経済的なリスクについて。

 

今私が遭遇したら困る金銭的な事件と言ったら、

①収入が途絶える(勤務先倒産、解雇、病気…etc)

②私がこの世から消える

 この二つですね。

 

①に直面したらどうするか。

実家に避難して節約したら2~3年生きていけるでしょうか。この期間で生活を立て直すしかない。

倒産・解雇の場合は早期に再就職して収入の目処を立てないと厳しいですね。

ただ、年齢的に34と言うのは中途採用には辛くなり始めます。今の仕事で給与+αの成果を上げる&狭い業界なので社外で顔を売る。この辺りを意識するしか残念ながら手がないところです。今勤務先が倒産したら?厳しいですね。

投資で経済的自由を手にするビジョンはまだまだ厳しい。病を得たら、どうしましょう。妻よ、すまない。まだビジョンがない。

 

②に直面したらどうするか。こいつは非常に困る。投資をしている方の間では亜流ですが、生命保険と学資保険を使わざるを得ないのが現状です。10年かけて妻が生活を立て直す余地を得られる想定の額をかけています。その観点に特化すると、住宅購入して団信(旦那が死んだら儲かる保険というらしい)((((゜д゜;)))))に入れば本来は完成ですが、そこまでは踏み切れていません(^-^;

 

何と言っても、私の転勤と出産で、妻の仕事を奪ったのがこの点に関しては非常に辛い。女性はこの二つで、労働市場での価値を落とすのが、男性として本当に心苦しいです。

 

 当面の目標は保険をかけずに安心して暮らせる基盤を作ること。そんな中で、可能なレベルの資金を投資に回して人生を設計していくブログです。

 

これから少~し投下頻度を落とすよ。

無理して続かなかったら意味ないですからね。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村