読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エセ建築士が投資で人生を設計するよ

投資はパッシブ運用、飲み会はアクティブ出動、人生はまったり進行中

頭が腐ってきました

投資~、大好きだ~

(朝日が上る高台でバイオリン職人見習い風に)

 

 GW終わって3日働きました。頭はすっかり通常モード、良い感じに飼い慣らされてますね。勤務先で管理職候補者向けの研修なんてのもあるんですが、毒と薬を選り分けるのがたいへんです。毒部分は、特攻する兵隊に打つ薬物の様なイメージです。

 

この時期になると次の楽しみは6月のボーナスです。そして人事評価とわずかばかりの昇給です。

 

企業型DCが導入されて以来、微々たる額なので大して気にしていなかったこの昇給が楽しみでしょうがありません。

 

私の勤務先の場合企業型DCは、

掛け金=A+B

A=勤務先拠出分

B=マッチング拠出分(本人負担)

 

Bの条件は、

B<=AかつA+B<=ある額面

です。

 

で、このAの査定には勤続年数のポイントがあるので、余程のことがないと 毎年微増します。

 

そう、私はマッチング拠出可能額が増えるのが楽しみでしょうがありません。

 

ここまで読んで頂き、

こいつバカだな

と思いませんか?

 

私は思います、頭が狂ってます。

 

お金に色なんかついてません、お金はお金です。喜ぶべきはトータルの昇給額です。(DCによる節税分含む)

 

マッチング拠出に回すお金をめくっても銀のエンゼルなんてついてませんし、福沢翁は自伝何てプレゼントしてくれません福翁自伝は名著です)。

 

投資に回すお金が増えると嬉しいだなんて、私が嫌う『投資で儲けた金は汚いから奢れ』と言う精神構造と何ら変わりません。

 

投資が目的化してるとも言えます。

 

冷静になりましょう、職責以上の仕事を要求され、駆けずり回る日々に対価は見合ってないままです。毎年の仕事の増加に昇給額は追いついてません。0.5%所得が増えても仕事の責任は複利で5%増え、社会は2%のインフレを目指し続けます。

 

現実から目を背けてこう思い込みます、

・マッチング拠出可能額増は嬉しい。

・頭がドンドン腐ってくる。

 

皆さんは、是非冷静に過ごしてください。

 

おしまい。

 

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村