エセ建築士が人生を設計するよ

投資はパッシブ運用、飲み会はアクティブ出動、人生はまったり進行中

ドル建てで世界分散投資

急遽激務のチームに応援に行くことが決まりました。引き継ぎ作業を短期間で完了させなくてはならずバッタバタの毎日です。

 

とは言え、遅くとも21時には退社しているので自身の健康に弊害が出るレベルではないのですけどね。

 

ツイッターでアホなこと言う余裕はあってもブログを書く生命エネルギーは枯渇気味です。 

 

そんな中ですが、6/14日の米国FOMCを受けて、日本時間6/14夜から為替が少々動いているのを見ました。触発されて久々に書いてみようかと。

 

一晩明けるとドル円相場は109円台半ばです。1円程度円高方向に動いていますね。一時的には108円台まで動いたとのことです。

 

さて、私が実践している投資は米国籍の上場投資信託ETF)及び国内の投資信託を用いたインデックス投資、国際分散投資です。毎月給料日の翌月曜日に投資用にストックしているキャッシュでETFを手動で購入。毎月末に給与所得から企業型DCとNISA口座で国内の投資信託を自動で購入しています。

 

今回は米国籍のETFを利用した投資にまつわる為替のストレスについてです

 

私の米国籍ETFを使用した投資歴は浅く、昨年のGWからになります。この時の為替は107円程度でした。その後秋にかけて100円を割る割らないの攻防を繰り広げます。米国の大統領選挙後には119円程度まで円安に、そして今109円台まで戻ってきました。1年強で結構動いていますね。

 

107⇒100(-7)⇒119(+19)⇒109(-10)

ざっくり見ても大したものです。

 


f:id:hrosunson:20170615092744j:image

画像はヤフーファイナンスより

 

 

これ以前の為替の動きは、データで知っていますが体感していないので無責任な発言になります。まぁよくあることなのでしょうね。

 

これって結構ストレス?

 

米国籍ETFでの投資に挑戦しようと考えている方には、この為替の動きを目の当たりにする点は割とストレスフルなものに思えるのではないでしょうか?為替を上手く乗り切ってここでも儲けてやろうと言う雑念にとりつかれる方も多いかと思います。

 

私は後者でしたが、ある時からこんなもん必死に見てるのは面倒でやめました。記録を残してドル購入の平均単価は分かるようにしている程度です。

 

円建てで国内の投資信託を購入することと比べると、ドルを買いそのドルでETFを買うという行為は手間が増えますし、円安時にドルを買うのは損した気持ちになるかも知れません。(私はなった)

 

でも、国内の投資信託を買うにも、日本円で生活する際に受ける物価も、多かれ少なかれ為替の影響を含みますよね。消費者の物価にはリアルタイムでは反映されませんけど。

 

海外のETFで国際分散投資をするという行為の中での為替の影響は、単に円の相対的な価値を見える化しているだけとは思えないでしょうか。

 

投資の出口で円高になっていても、為替の影響を目の当たりにするだけで例えばMSCI KOKUSAIに連動する投資信託の基準価額にも同じことが起こっていますよ。

 

もちろん、投資をする上では大きな雑音ですし、人によっては武器にもなるでしょう。

 

投資期間中にドルや円が紙くずになっていたらどーすんの?とも思いますが、その時は社会の構成自体が大きく変化することでしょう。投資していてもしていなくても、大変なことには変わりませんね。

 

1つ言いたいことは、国内の投資信託を月の所得から積み立てている方の中で海外ETFに挑戦したい方にとっては、この点に関しては本質的な意味は変わらないよ、と言うことです。

 

(巨額の現金をお持ちの方には当てはまりませんね)

 

米国籍ETFでのインデックス投資、国際分散投資を行うことの魅力は、

  • 商品のバラエティに富んでいてある程度カスタマイズできる(楽しめる)
  • 流動性が高い
  • 低コスト
  • 機動的に売買できる(国内のETFも当てはまる)

辺りあると考えています。

 

挑戦に二の足を踏んでいる方、冒頭で述べた為替の動きを目の当たりにしても耐えられる程度の額で試してみては如何でしょうか。

 

少しやってみて、納得されたら本格的に導入しては如何でしょうか。こんな記事を書いている私自身、株式相場の暴落も為替の急変動も未経験なので、まだまだ模索中の身です。

 

皆さんそれぞれが、良い人生を設計できるよう…。

 

おしまい。

 

P.S.1

ここでは、インデックス投資で国際分散投資をしている前提で文章を書いたのですが、他の投資法について当てはまるかどうかは分かりません。他の投資法、真面目に勉強したことないので。

 

P.S.2

為替については、米国株ブログのたぱぞうさんの文章にも影響を受けています。

とても誠実な文章を書かれるブログでお薦めです。

米国株投資における為替リスクの考え方 - たぱぞうの米国株投資

 

今度こそ、おしまい。

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村